Lndrがなぜブロックチェーン技術を採用しているのか。

ブロックメイソン公式アカウント

Lndrの開発は、最高速度で続けられています。この記事では、開発の進捗状況について、いくつかの情報を共有します。

もし進捗を直接確認したいという方がいらっしゃいましたら、いつでもGithubでご覧になれます。

Lndrの背後にある考え方は、2人の友人の間に生じた債務をお互いが承認し、それをブロックチェーン上で永続的に記録することです。

Lndrの用途を、例を挙げて考えてみましょう。あなたと友人は夕食に出かけ、あなたが全ての料金を支払うことになりました。あなたは、相手があなたにお金を負っていることを記録したい、と思います。でも、それは、次回の食事の際、相手に同じ額を払ってほしいからではありません。あなたが望むのは、相手が次の夕食、あるいは、別の何かでその貸しを返すことです。

Lndrを使うと、あなたはその負債を記録することができます。そして次回、あなたの友人が夕食を払うときなどに、その負債を消すことができます。

lndr-two-screens-small

では、なぜLndrはブロックチェーン技術を採用しているのでしょう?どんなメリットがあるのでしょうか。

ブロックチェーン技術について、決して忘れてならない特徴の1つは、その中に保存されているデータが永久保存されていることです。

データが永久保存されることが、どれだけ大事なのでしょうか?もし、ハッカーがデータを奪ったり、変更することができるとしたら、会社がデータだけではなく、ビジネスを失う可能性があることを意味します。これが、分散型のブロックチェーンを利用しない場合のデメリットです。

ブロックチェーンでは、それは起こりません。 イーサリアムのブロックチェーンが絡み合っている限り、Lndrに格納されたデータは決して消えません。 たとえブロックメイソンがLndrをサポートしなくなり、あなたのiPhone XXIに対応したバージョンのアプリで亡くなっても。安心してください。別の会社が、簡単に独自のフロントエンドを構築し、同じ正確なデータセットを利用することができます。

データは、常にそこにあります。この新しいアプリを起動し、ブロックチェーンから情報を引き出すと、以前にあなたと友人の間に生じた債権・債務の記録が残っています。

ブロックチェーンについて、上記以外に特筆すべき利点は、銀行とは異なり、ブロックチェーンが差別的でないことです。銀行があなたに銀行口座を提供しなくても、クレジットカードが手に入らない場合でも、ブロックチェーンによって決済ネットワークを利用できます。つまり、世界のどこにいても、誰にとっても普遍的なバンキングソリューションが存在するのです。

元記事:
Lndr Almost Here...
https://announcements.blockmason.io/lndr-almost-here/