クレジット・プロトコルの存在意義

ブロックメイソン公式アカウント

クレジット・プロトコルは、第三者が融資アプリケーションを構築するための基本プラットフォームです。Amazonの配送サービスを信頼して利用するためには、基本となるプロトコル(HTTP)が不可欠です。クレジット・プロトコルは、次世代のHTTPです。

クレジット・プロトコル(CP)は、DApp(分散アプリ)を構築するための基本的なメカニズムです。CPの機能は、電車のレールを敷設することです。そのため、あなた(および開発者)は、その上を走るdAppを構築することができます。

信託、証券、執行の実態は、債務の種類によって異なります。友人同士の昼食は、自動車ローンや住宅ローンとは異なります。見知らぬ人同士のコンサートチケットのペアについては、大学ローンを取るよりも異なる対策が必要です。このため、クレジット・プロトコルの上に構築されたさまざまなDAppは、独自の施行メカニズムを持つことになります。

クレジット・プロトコルは、信用と債務を2つの当事者間のブロックチェーンに保管するプロトコルです。これらの債務は、その理由を示すメモとともに保存されています。これらの債務が発生するためには、両当事者が債務と信用を承認する必要があります。この承認は、暗号技術によって保全されます。

プロトコルの背後にあるアイデアが単純であるがゆえに、適用範囲は非常に幅広いです。最も一般的で、よく知られているプロトコルの1つであるhttp(Hypertext Transfer Protocol)は、ワールドワイドウェブ向けにデータを送信できるようにするプロトコルです。あなたがオンラインで支払いをした後、Amazonがあなたに本を必ず発送するかどうか、を考える必要はありませんし、質問する必要もありません。なぜなら、様々なプロトコルやプロセスが作動し、あるプロセスはAmazonを構築し、あるプロセスはAmazonを介してオンライン購入を可能にする支払いシステムを担当し、またあるプロセスはAmazonへの支払いを担っています。

クレジット・プロトコルは、これと非常によく似た方法で機能します。DAppがクレジット・プロトコルで構築されたからといって、そのDAppは、クレジット・プロトコルによって制御されるわけではありません。これらのDAppを通じ、さまざまな企業が、独自の債務や信用ビジネスや楽しいプロジェクトを構築していくことでしょう。

元記事:
How does the Credit Protocol deal with enforcing debts?
https://announcements.blockmason.io/how-does-credit-protocol-deal-with-enforcing-debts/