BCPTトークンは、どのように消費されるのか?

ブロックメイソン公式アカウント

ブロックメイソンが開発したBCPTトークンがどのように動作するのか、そして、アプリも開発者がどのようにそれらを取得・使用するのかを、今日はお伝えします。

トークンはアプリケーション内にステークされます。
(訳者注:焼き付ける、とも言う。アプリ内にトークンが保管され、動かすことができなくなることです)

各トークンは、1時間に一定数のトランザクション(取引の履歴をブロックチェーンに格納する)を行います。このトランザクションとは、取引の当事者間で生じた負債残高の更新です。

トークンが一度ステークされた後は、1時間待たなければなりません。1時間経てば、そのトークンを使ってアプリケーションをまた利用できるようになります。こうした仕様にしたのは、二重使用を防ぐためです。いくらでもコピーできる電子マネーを、その流通において中央管理を手放している分散型アプリケーションでは、いかに二重使用を防ぐか、が鍵になります。

アプリケーションの開発および運営者が望むならば、ステークしたユーザーに報酬を与えることができます。

元記事:
How Do Credit Protocol Tokens Work With Apps?
https://announcements.blockmason.io/how-do-cp-tokens-work/