Blockmason EEA加入を発表

ブロックメイソン公式アカウント

image2

Blockmasonは、最大級のオープンソース・ブロックチェーンイニシアティブであるイーサリアム企業連合(EEA:Enterprise Ethereum Alliance)に加入しました。業界のリーダーと協働し、Ethereumに基づいた企業におけるベストプラクティス、開かれた基準、オープンソースのリファレンスアーキテクチャーをBlockmasonも追求していきます。

Blockmasonは、ブロックチェーン技術の根幹技術を開発しているリーディングカンパニーです。Blockmasonは本日、世界最大のオープンソース・ブロックチェーンイニシアチブであるイーサリアム企業連合(EEA)へ加入したことを発表します。

EEAのメンバーとして、Blockmasonは業界のリーダーと協力し、Ethereum基盤のベストプラクティス企業技術、開かれた基準、オープンソースのリファレンスアーキテクチャーを追求していきます。BlockmasonチームはEEAの基準開発に貢献できることを、非常に嬉しく思っています。

「EEAに加入し、ブロックチェーン技術に特化したスタートアップからフォーチュン500に名前が載っている企業まで、地球上の数百もの会社のネットワークに加われたことを嬉しく思います」とBlockmasonのCEOマイケル氏は語り、続けて「BlockmasonのミッションとEEAのミッションは同じ方向を向いており、専門的知識や洞察を適宜共有していきたいと思います」との声明を発表しました。

500以上の企業をメンバーにもつEEAは、多岐にわたるビジネスセクターからなります。テクノロジー、銀行、政府、健康関連、エネルギー、製薬、マーケティング、保険などです。EEAには業界focusの、メンバー主体で運営されているワーキンググループがあり、それぞれが設定した開発目標や、Ethereumを活用した技術に関する話題についてタスクを設定しています。


EEA(Enterprise Ethereum Alliance)について

EEAはオープンな業界基準を開発し、参加メンバー同士のコラボレーションを促進、Ethereumコミュニティに参加を希望する全ての人に開かれた組織です。EEAでは、Ethereumを企業レベルの技術へと進化させ、プライバシー、秘匿性、スケーラビリティ、安全性といった面の調査及び開発を推進します。これらに加え、EEAではハイブリッド型アーキテクチャを調査研究しています。そのアーキテクチャが実装されると、パーミッション型のパブリックなEthereumネットワークだけではなく、企業に特化したアプリケーションレイヤーに関するワーキンググループの拡大も同時にサポートしていきます。

EEAは開かれた業界スタンダードを確立させ、Ethereumコミュニティに参加したい全ての人同士のコラボレーションを促進します。このオープンソースなフレームワークは、1つの企業では達成不可能な深さの大規模な普及を可能にし、パブリック・イーサリアム・パーミッションレスネットワークへスケーラビリティ、プライバシー、秘匿性を提供します。EEA加入に関する詳しい情報は、membership@entethalliance.org にメールを送るか、www.entethalliance.org にアクセスしてください。


Blockmasonについて

Blockmasonは世界規模のブロックチェーン技術開発会社であり、ブロックチェーン革命を支える基盤となるフレームワーク開発に尽力しています。彼らの初めての製品であるCredit Protocolは、ブロックチェーン上での負債と信用に関する情報を、標準化された、安全で信頼できる形で記録できるようにするプロトコルです。LndrはCredit Protocolで開発された、初の分散型モバイルアプリケーションです。このアプリを使えば、ブロックチェーンを活用した友人間の負債の管理や、十数の通貨による負債の清算(帳消し)が可能です。BlockmasonやCredit Protocol、Lndrなどに関する詳細は、 https://blockmason.io にアクセスしてください。